髪のぱさつき一番多い原因はドライヤー|低温ドライヤー.jp

約6割の女性が髪のパサつきに悩んでいる!

女性の髪に関する悩みには様々なものがありますが、2012年に実施されたある調査によると、もっとも多いのは「髪のパサつき」で、およそ6割の女性がこの悩みを抱えているということです。

 

そもそも「髪のパサつき」って、どういう状態?

 

よく、「髪がパサつく」と言いますが、これは具体的にはどういう状態なのでしょうか?

 

この「髪のパサつき」には、髪の表面のキューティクルが深く関わっています。

 

髪を保護するキューティクルが何らかの原因で開いたり、剥がれてしまうと、内部のタンパク質や脂質などが抜け出て、水分を保持する力を損なってしまい、その結果、髪がパサついてしまうのです。

 

また、血液の循環が悪くなると、毛根部分の毛母細胞に栄養が行き渡らなくなり、栄養不足になって髪がパサついてしまいます。

 

こうなると、髪がゴワゴワになって、まとまりにくくなります。

 

また、ツヤがなくなり、文字どおりパサパサになって、髪が広がりやすくなってしまうのです。

 

髪のパサつきの原因は?

 

キューティクルが傷つき、壊れて剥がれてしまうことで髪がパサつくわけですが、では、なぜキューティクルは壊れてしまうのでしょうか? その原因をご紹介しましょう。

 

●シャンプーやブラッシングのやり過ぎ

 

頭皮に爪を立ててゴシゴシこすったり、髪の毛同士をこすり合わせるなど、過度に力を加えた間違ったシャンプーによって、頭皮や髪が傷んでしまいます。

 

ブラッシングする場合は、絡まった髪をブラシで無理にほどこうとすると、余計な負荷がかかり、髪を傷めるだけではなく、枝毛や切れ毛につながります。

 

●紫外線の影響

 

髪は紫外線を受けて乾燥すると、キューティクルが開いてしまい、最終的にはキューティクルが剥がれてしまいます。

 

●パーマやカラーリングのやり過ぎ

 

パーマやカラーリングは、刺激の強い化学薬品によって髪の内部を破壊してしまうため、やり過ぎるとキューティクルが剥がれてしまいます。

 

●間違った髪の乾かし方

 

キューティクルというのは髪が濡れていると開く性質があり、傷みやすい状態なので、シャンプー後の自然乾燥は好ましくありません。

 

かといって、キューティクルは熱に弱いという性質もあるので、高温ドライヤーの熱を頻繁に受けると、毛先のほうから傷むことになります。

 

●栄養不足の影響

 

身体全体を見た場合、髪は身体の末端に位置するので、栄養が回るのは一番最後になります。

 

そのため、過度なダイエットや、バランスの悪い食生活を続けていると、髪まで栄養が届かなくなってしまいます。

 

●女性ホルモンの低下

 

ストレスなどの影響で女性ホルモンが低下し、バランスが崩れると、全身の血行が悪くなり、髪の毛が徐々に細くなると同時に傷んでいくことになります。

 

また、更年期になって女性ホルモンが急激に減少すると、髪を作る機能が低下し、毛母が消失して、髪の量が減ることになります。

 

原因がわかれば対処法も見えてくる

 

髪のパサつきの原因には様々なものがあり、その人によって該当するものが異なります。

 

髪がパサついて困っている人は、自分がどの原因に該当するかを見極め、適切に対応することが大事です。

 

ただ、一番多い原因は、やはりドライヤーの熱でしょう。

 

髪のパサつきを改善するための、もっとも手っ取り早く、効果的な方法は、ドライヤーを見直すということでしょう。

 

一般に使われているドライヤーは、120度もの温風を出す高温ドライヤーなので、これを60度程度の低温ドライヤーに変えるだけでも、髪のパサつきを抑える効果が期待できます。

 

参考ページ: 低温トリートメントドライヤーで何故、髪質が変わるの?